[ トップページ ]
地理・地域:カリブ, 観光・旅行・出張:海外旅行・出張

St. Maarten の (マイクロ) バス

カリブ海のちいさな島 St. Maarten (セント・マーティン,シント・マーテン) に学会発表のためにきている. St. Maarten では,スクールバスと貸切バスをのぞけば,ふつうの車体のバスははいっていない. しかし,さまざまなかたち,さまざまな色のマイクロバスが公共交通として,はしっている. タクシーもほぼおなじ車体をつかっている. タクシーは日本と同様に,車体のうえなどに TAXI とかかれつけているからすぐわかる (わかりにくいものもあるが…). しかし,パスには車体に特徴がない. フロント・ガラスの下部にいきさきが書いてあるので,それをよくみて,バスであること,自分のいきさきにあっているかどうかを判断しなければならない.

StMaartenBus.jpg すこし脱線するが,バスににたタクシーはのりあいタクシーだ. 空港についたとき,タクシーに案内してもらったが,同乗者がいた.

バスがとまる場所もだいたいきまっているが,バスストップの看板があるところはまれだ. もちろん,乗客につぎにどこにとまるかをしらせることもない. しかるべき場所にきたら “Stop!” とこえをだすか,あらかじめおりる場所をしらせておくしかない.

料金は近距離ならば 1.5 ドルと,やすい. マイクロバスに数人の客をのせてはしったのでは,採算はあうわけがない. 電車などというものはもちろんないから,いくら赤字でも唯一の公共交通として,ぜひ必要だということだろう (写真は Philipsburg (フィリップスバーグ) をはいるバス).

2011-1-28 追記:
道にまよって,ひとにバスをのりつげばよいとおしえられたとき,1 ドルずつはらえばよいとバスの運転手におしえられた. そのため,しばらくはバスの運賃は1 ドルなのだとばかり,おもっていた. だから,それからしばらくは,学会会場のホテルにいくにも,1 ドルだけはらっていた. それで不足を指摘されることはない.

長距離になると 3 ドルかかるということもわかったが,だれがどこから乗ったかはだれも管理していないから,1 ドルですませようとすれば,すんでしまう. Philipsburg (フィリップスバーグ) から乗ったときは運転手がおぼえているだろうとおもったが,おぼえていなかった. 5 ドル札をわたしてつり銭をもらおうとしたところ,すこしの 3 ドルのつり銭をくれた. はらう金額が 3 ドルというつもりだったのだが…

バスのなかには料金表がはってある (はってないくるまもある). それによると,ただしい料金はかなり複雑なようだ. 運転手も正確にはおぼえていないのかもしれない. 料金表にはまた,おおきな字で,料金は乗車時にはらうべきことが書いてある. しかし,のったときにはらっているひとをみたことがない. ほとんどのひとは降車時にはらっている. ときどき,つり銭をあらかじめもらうために,はやめにはらっているひとはいるが…

関連項目:

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/4804

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type