[ トップページ ]
政治・法律・憲法:外交・国際関係, 歴史:戦争

政府要人と民主党議員にみてほしい 「日本人はなぜ戦争へと向かったのか」

NHK の 「日本人はなぜ戦争へと向かったのか」 第 1 回をみた. これを政府要人や民主党議員にみてほしいとおもう. なぜか? それは,政府内がバラバラだったことが外国の不信をまねき,それが戦争への道につながったという主張をしているからだ. 政府内・党内がバラバラであること,それが現在の民主党政権の現状であり,日本の危機を助長している.

110109_a.jpg 当時,国内の主要な対立は政府と陸軍とのあいだにあった. 現在ではこのような対立はないとかんがえてよいだろう. しかし,当時の日本が信頼されなかったひとつの理由は,政府内の対立あるいは不一致が外交交渉の場にももちこまれたことにあると,この番組では主張している. こういう危険は現在もあるだろう.

さいわい,この番組でとりあげた時代,日本が国際連盟から脱退した時代とくらべると,まだ日本は外国から信用されている. しかし,中国・ロシア・北朝鮮とは対立関係にあり,韓国とも領土問題をかかえている. もっともつよい信頼関係をきずくべき米国とも,基地問題で信頼をうしなっている. 民主党内は分裂し,連立政権を離脱した社民党はもちろん,まだ閣内にとどまっている国民新党との関係もよくない. この状況は当時と似ていなくもない.

危機的な状況にあることは,菅首相はもちろん,民主党員はみな認識しているとはおもう. しかし,これがいかに危険な状態であるかは,この番組をみればよりよくわかるのではないだろうか. そういう意味で,この番組を政府要人や民主党議員にみてほしいとおもう. NHK がこの時期にこの番組を放送した意図も,ここにあったのかもしれないとおもう. (写真は NHK から借用)

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/4778

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type