[ トップページ ]
情報通信博物館:コンピュータ館

メモリを開放しない Windows 版 iTunes

「自炊」 した PDF ファイルをあつかうようになって,iTunes (10.1.0.56) の問題点がわかってきた. 本来はメモリが十分にあるはずなのに,メモリ不足でファイルのコピーができなくなるという現象だ.

Windows 版だけの問題かもしれないが,PDF ファイルを 「ファイル共有」 機能をつかって iPad や iPhone にコピーすると,コピーするファイルぶんのメモリが確保されるようだ. 一度に多数のファイルをコピーしようとすると,メモリ不足といわれて,コピーできない. しかし,この問題はすこしずつコピーすれば解決される.

もっとわるいのは,わりあてられたメモリが解放されないことだ. コピーをくりかえしていると,やがて 1 個もファイルをコピーできなくなる. PC のメモリをくいつぶして,あらたなファイルをよみこむバッファがとれなくなるのだ. そうなったら,iTunes をたちあげなおすしかない. たちあげなおしてコピー可能な状態にするには,けっこうなてまがかかる.

iPad や iPhone にはできのわるいアプリケーションはあるが,iTunes もこんなぐあいで,おそまつだ.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/4739

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type