[ トップページ ]
情報通信博物館, 言語・コミュニケーションとネットワーキング:電話

ドアホンの交換

家庭用 PBX (交換機) などという,あまりつかわれないものにドアホンをつないでいるせいか,ドアホンがうまく動作しないというトラブルをときどき経験してきた. 最近ついに,ハウリングのような音のためにドアホンからの音がきこえないという重篤な症状におちいったので,交換するこにした.

aiphone-ma55.jpg PBX をつかっているのは,屋内の 3 箇所からドアホンがうけられるようにしたかったからである. 実際にはそのうち 1 箇所でほとんど通話しているので,この機能の必要性はそれほどたかくない. しかし,できることならこの機能も維持したい.

いまや家庭用 PBX などという商品はどこをみてもみあたらないので,なにかかわりになるものはないかと,さがしている. しかし,いまのところ,適切なものはみつからない. IP の時代になっているのだから,PBX よりもっと柔軟な機器がでてきてよさそうなものだが,みつからない.

そういうわけで,不具合があってもなかなか交換できずにいたのだが,ついに,とりあえずはどこからでもドアホンにこたえられるという機能をあきらめて,ふつうのドアホンにおきかえることにした. ネットで安価なドアホンをみつけて,親機だけをとりかえた. しばらくはこの状態でがまんして,そのあいだにもとの機能の回復をはかりたい. しかし,適当なものはみつかるだろうか…

キーワード: ドアホン

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/4677

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type