[ トップページ ]
Web とインターネット:Amazon (アマゾン), 書評

アマゾンの新旧のレビュアー・ランキングのあまりのちがい

アマゾンは最近,あたらしいレビュアー・ランキングをはじめた. いまのところ,レビュアーごとに新旧のランキングをあわせて表示するようになっているが,私については新ランキングだと 8297,旧ランキングだと 889 となっている. しかも,その差はしだいにひらきつつあるようにみえる. この差はいったいどういうことだろう?

旧ランキングで上位のひとは,あいかわらず 「ベスト xxx レビュアー」 と称されているので,私もまだ 「ベスト 1000 レビュアー」 ということになっている. 新ランキングだけで評価されるようになれば,それにはほどとおいことになる.

新ランキングがはじまったときには 7000 くらい,旧ランキングが 900 くらいだった. それが,いまは 8297 と 889 にひろがっている. ランキングをきめる際には,「参考になった投票の総数: 2302 中 1219」 が参考にされているらしい. 「参考になった」 とされたわりあいがおおきいひとの評価がたかくなっているのだろうが,それがたかければたかいほどよいというわけでもないだろう.

いまだに 「ベスト 1000 レビュアー」 にしてもらっているのは,新ランキングだけでは一面的になるとアマゾンじたいが評価しているということだろう. これから,どうなっていくのだろう.

2011-7-29 追記: その後も新ランキングは上下しながら,ランキングの差はひらいていった. きょうは新ランキングが 10128,旧ランキングが 529 だ. 旧ランキングではもうすぐ 500 をきろうとしている. 新ランキングも最近 6000 くらいまであがったこともあるが,安定しない. このような不安定な数値が指標として適切だろうか?

キーワード: 書評, レビュー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/4530

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type