[ トップページ ]
書評:社会・経済, 社会・経済:若年者問題・ワーキングプア・プレカリアート

よく若者のすがたをえがきだしているが,いささかまとまりを欠いている ― 三浦 展, 原田 曜平 著, 「情報病 ― なぜ若者は欲望を喪失したのか?」

この本が分析対象としている 「若者」 の代表 2 人をふくむ 4 人の対談を本にしている. 若者たちが,空気を読んで自分のかんがえをおもてにはださない,非常に同調性がたかいことに著者もおどろいている.

オジサンのしらない若者のすがたをえがきだしていて興味ぶかいが,対談をそのまま本にしているので,いささかまとまりを欠いている.

評価: ★★★☆☆

関連リンク: 情報病@ [bk1] 情報病@Amazon.co.jp

注記: BK1書評Amazon.co.jp書評 に投稿しています.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/4505

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type