[ トップページ ]
政治・法律・憲法:鳩山由紀夫内閣

福島大臣罷免と,もういらない (!!) 社民党

福島大臣が罷免された. 普天間基地の辺野古への移転をふくむ政府方針に反対して署名を拒否し,辞任も拒否したという. 辞任が妥当だったようにおもうが,みずからの意思と社民党の意見をつらぬいたことに理解することはできる. しかし,閣内にいながら鳩山首相のかんがえに反し,代案もださず,さらには辞任すらしないのは無責任きわまる態度といわざるをえない. これしかできない社民党は内閣には不要だし,日本の政治にも不要ではないだろうか.

普天間問題は自民党がえた結論とほとんどおなじ辺野古移設におちつかざるをえなかった. ここにいたるまでには,鳩山首相や民主党はいろいろ失敗もあった. しかし,彼らが怠惰だったからこういう結論になったわけではなく,自民党がそうだったのと同様に,とりあえずはそれしか道がなかったということだ. この結論にもっともくるしんでいるのは,鳩山首相自身であるかもしれない. 野党ならばともかく,与党内でもしこの結論に反対するのであれば,明確な代案をしめすことは不可欠だろう. それなしに,署名を拒否するだけでなく辞任すらしないのは無責任きわまりないというほかはない.

民主党がつくられたとき,おおくの社民党員は民主党にうつった. しかし,福島氏自身もそうだが,社民党にはまだ有用な人材がいる. 福島氏はいま,うごくことはできないだろうが,ほかのひとには,つぎの選挙を待つことなく,こんな党をさっさとみすててほしいとおもう.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/4497

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type