[ トップページ ]
政治・法律・憲法:鳩山由紀夫内閣

米軍基地問題は鳩山首相の問題ではなくて地元 3 者間の問題だ

米軍基地移転問題で 5 月末決着を約束した鳩山首相が苦境にたっている. 普天間基地からの移転は安全を確保するうえでぜひ必要なことだ. また,キャンプ・シュワブへの全面移転は沖縄の負担軽減という意味からも,海をまもるということからも,うけいれられない. したがって,県外候補として唯一の徳之島への一部移転は必須とかんがえられるが,つよい反対にあっている. その結果として鳩山首相の責任がとわれている. しかし,政治あるいは政治家に過大な期待や失望感をもっても,問題は解決されない.

国内移転ができないのならグアムなど,海外に移転すればよいという意見もある. しかし,それは軍事的にうけいれられないだけでなく,沖縄に負担させられないことをグアムになら負担させてもよいというかんがえに問題があるのではないだろうか.

海外移転ができないなら,沖縄県外への移転をかんがえざるをえない. そのための現状で唯一の解が徳之島だということだ. そこまでをみとめるなら,もはや解はひとつしかないだろう. 普天間から一部を徳之島,のこりをキャンプ・シュワブに移転する.

名護市の住民にとっても沖縄全体にとっても不満があるだろうが,県外への全面移転は不可能だ. 現在できることは,せいぜい基地の一部の機能を県外に移設することでしかない. 名護市はすでにキャンプ・シュワブへの移転をいったんはうけいれて,そのみかえりとしての補助金をうけてもいる. まずは一部の機能の移転で突破口をひらくしかないだろう.

自民党政権がすでに解決していたはずのこの問題を民主党政権はほりかえした. その結果,鳩山首相をはじめ政府は解決不可能にちかいこの問題のあらたな解決策をみつけだすために苦労することになった. しかし,それは無意味なことではなかったようにおもう. いずれその意味がわかるときがくるだろう.

説得にあたることはできるとしても,もはや鳩山首相の出番は基本的におわっている. あとは,これまでまったくかんがえられていなかった解決策が登場しないかぎりは,宜野湾市,名護市と沖縄県,そして徳之島のあいだの問題だ. 住民と自治体がゆずりあうほかに解決の道はない. そのことに 3 つの地域の住民や自治体と国民全体が気づくことになるとすれば,このこころみは,むだではなかったことになるだろう.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/4494

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type