[ トップページ ]
言語・コミュニケーションとネットワーキング

常用漢字をあいまいにして価値をひくくする委員会?!

4 月 13 日,文化審議会漢字小委員会は常用漢字としての 「私」 という字のよみとして 「わたくし」 のほかに 「わたし」 もみとめるという決定をしたという. たしかに慣用的に 「私」 は 「わたくし」 とも 「わたし」 ともよまれているが,この決定によって 「私」 という漢字のよみがますますあいまいになって,使用価値がひくくなったといえるのではないだろうか.

「私」 という漢字はたしかに,「わたくし」 とよまれようと,「わたし」 とよまれようと,その意味はかわらない. しかし,言語というのは音まできまってはじめてそのあいまいさが解消されたことになるとかんがえられる. これまで 「私」 が常用漢字だと仮定すれば,「わたくし」 とよめばよかった. ところが,「わたし」 ともよめるようにしたのであれば,この漢字をつかわずに,ひらがなで書いたほうがあいまいさなく文章を書くことができることになる. つまりは,この決定は 「私」 という漢字の価値をへらしたことになるのではないだろうか.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/4477

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type