[ トップページ ]
数学・計算・情報学・プログラミング:オペレーティングシステム

Raw socket プログラミングのときに ether type を 0 にしてみたら…

Linux の raw socket をつかうと,Ethernet のアドレスも ether type も自由に設定することができる. そこで,Linux マシン 2 台をクロスケーブルでつないで,アドレスはすべて 0,ether type も 0 というパケットをおくってみた. その結果は…

Wireshark (Ethereal) でみてみると,これでもちゃんと相手のマシンでキャプチャされる. ところが,raw socket のプログラムをひらいてもそのパケットをひろうことができない. OS レベルで ether type をしらべて,不正なものはおとしているのだろう. Raw socket をつかうということは,どんなパケットでもなるべくそのままとおしてほしいということなのだが,そうはしてくれない.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/4424

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type