[ トップページ ]
政治・法律・憲法

民主党とくに小沢一郎の政府に対する発言・行動を支持/批判する

民主党に関してはいろいろ書きたいことがあるが,全部を書いている時間はない. そのなかで,最近の小沢一郎の発言や彼を中心とする民主党の政府に対する行動に関してはひとこと,書いておきたい.

先週,小沢を中心とする民主党は政府に重点要望項目を提出した. マスコミのなかには小沢が政府をうごかしているというような論調もあるが,裏で議論してきめるのでなく,政府と党とを明確にわけて,要望を公的な場でつたえようとしていることは評価するべきだろう.

この提案は混迷をふかめる政府への小沢の 「助け舟」 ともいわれている. 政府だけできめられない状況にあるのなら,「助け舟」 をだしてもよいだろう. 国民からの陳情は党がうけて,それをまとめて政府に提出したということだが,提出された内容がほんとうに陳情されたものなのかどうかはわかっていないようだ. しかし,そこに小沢や党の知恵がふくまれているのなら,それもよいだろう.

もうひとつマスコミをさわがせている問題は 天皇 と 習近平 中国国家副主席との会談の問題だ. 1 カ月まえまでにもうしいれがないものはことわるのがルールとなっていたが,それをやぶったという. 自民党によればこれは非常に微妙な問題だというから,やぶることが適切だったかどうかは私には判断がつかない. しかし,ルールといっても慣習であって明文化されたものではないのだろうから,場合によってはやぶってもよいのではないかとはおもう.

しかし,小沢の発言でいただけないのは,「天皇陛下にお伺いすれば,(特例会見を) 喜んでやってくださるものと私は思っております」 (MSN 産経ニュース) というくだりだ. 天皇がこの件で発言しない,できないことがわかっていながら,勝手に天皇のかんがえを推測して発言するのはけしからぬことだ. また,この件は政府が決定するべきことなのだから,政府外にいる小沢が政府を代弁するのも (実際には小沢が意見したのだとしても) 適切でない.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/4358

この一覧は次のエントリーを参照しています: 民主党とくに小沢一郎の政府に対する発言・行動を支持/批判する:

» 小沢一郎、韓国で売国公演 送信元 罵愚と話そう「日本からの発言」
「支那要人特例会見問題は、メディアの怠慢」について  YouTubeの配信で、全5巻、全編を見ると1時間を越えるんだが、まえの3篇だけでも見てみる値打ちは... [詳しくはこちら]

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type