[ トップページ ]
メディア・アート・イベント・エンターテイメント

宮崎駿といえば,やはりナウシカ

映画館でみることはないが,宮崎 駿 の作品をテレビではいろいろとみてきた. そのなかでもっとも印象的だったのはなんといっても風の谷のナウシカだ. 最初にみたから印象的だったということもあるだろうが,やはりこれが処女作とはいえ,ビジネス的視点に影響されていない 宮崎 駿 本来の作品だからではないだろうか.

風の谷のナウシカはマンガにもなっている. しかし,「プロフェッショナル」 などできいたところでは,もともとはデビューまえの宮崎はアニメーションにしたいというつよい希望をもっていたという.

宮崎はやはりアニメーション作家だ. そして,アニメーションの消費者はなんといってもこどもたちだ. しかし,ナウシカはこどもにはむずかしすぎる. ナウシカの映画化で成功した宮崎がよりわかりやすい方向にいったのはわかるし,それがわるいとはいえない. しかし,私にはやはり含蓄のあるナウシカのほうが魅力がある.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/3191

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type