[ トップページ ]
メディア・アート・イベント・エンターテイメント:音楽評

クラムへのオマージュとしての,ペンデレッキをおもいださせる微分音のひびき ― Ge Gan-Ru 作曲 Fall of Baghdad (バグダード陥落 ― 弦楽四重奏曲集,Naxos 華人作曲家系列)

1954 年に上海にうまれた作曲家 Ge Gan-Ru の弦楽四重奏曲集である. もっとも最近の作品が 2007 年の 「パグダッド陥落」 だ. この作品にかぎらず,微分音が多用されている. 戦争がタイトルになっていることからも,(トーン・クラスターではないが) クシシュトフ・ペンデレッキの 「広島の犠牲者への哀歌」 などをおもいだす. しかし,解説をみるとジョージ・クラムへのオマージュとして作曲された作品が多いという.

CD: Naxos 8.570603

評価: ★★★☆☆

関連リンク: バグダード陥落@Amazon.co.jpバグダード陥落@HMV.

FallOfBaghdad.jpg 注記: Amazon.co.jpHMV に投稿しています.

キーワード: ゲ・ガンリュ,クリシュトフ・ペンデレツキ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/4220

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type