[ トップページ ]
歴史:戦争, 書評:歴史

日本人による日本人だけの帝国という意識を捨てきれなかった日本人 ― 加藤 聖文 著, 「「大日本帝国」 崩壊 ― 東アジアの 1945 年」

日本人は 「終戦」 というできごとを日本だけのこととしてうけとってしまう. それによって 「大日本帝国」 が崩壊し,東アジア全体が影響をうけたことをわすれてしまっている. 著者は 「大日本帝国」 が影響をあたえていた南太平洋からタイ,インドにいたる東アジア全体がその崩壊によってどういう影響をうけたのかを分析しようとしている.

そこまでかんがえるのが,「大東亜共栄圏」 をうたっていた日本人がこの戦争を反省するうえで必要なことなのだろう. 著者の分析は十分とはいえないが,結論は 「大日本帝国の誕生から崩壊まで,ほとんどの日本人は日本人による日本人だけの帝国という意識を捨てきれなかったのである」 ということだ. 多民族国家だった 「大日本帝国」 にふさわしい体制をつくれなかったことがおおきな敗因だといえるのではないだろうか.

評価: ★★★★☆

関連リンク: 「大日本帝国」崩壊@ [bk1]「大日本帝国」崩壊@Amazon.co.jp

注記: BK1書評Amazon.co.jp書評 に投稿しています.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/4261

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type