[ トップページ ]
政治・法律・憲法

20 台では拮抗する衆院選の自民・民主得票率 ― ケンプラッツによる興味ぶかい調査結果

たまたま見たケンプラッツという建築・住宅情報 Web サイトの記事のなかに,先日の衆議院議員の比例代表選挙における年齢別の投票に関するインターネット上でのアンケート結果があった.建築関係者へのアンケートなので一般調査とは結果にずれはあるだろうが,それによると 20 ~ 29 歳では民主党 40.7% に対して自民党 40.7% と同率になっているのに対して,年齢とともに自民党への投票が減り,70 歳以上では自民党は 0 という劇的な結果がえられている.

Election2009-Kenplatz.jpg この結果 (右図 -- ケンプラッツ 政権交代!緊急調査 (3)建基法の見直しに 「賛成」 8 割から引用) に興味をもったので,職業を特定しない調査で年齢別のものがないか検索してみたが,みつからなかった. しかし,上記の結果が職業によるバイアスがかかっているとしても,一般的な傾向を反映しているものとみてよいのではないだろうか?

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/4226

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type