[ トップページ ]
生活:ファッション, DIY (日曜大工) とものづくり・実験:修理・修繕

2 年でいたんだビジネスバッグ

2 年ちょっとまえにビジネスバッグを買ったが,すでにかなりいたんでしまった. もともとあまり丈夫そうにみえないものを買ったのだが,それにしても,もうすこしながもちするとおもっていた.

BusinessBag0909a.jpg BusinessBag0909b.jpg

5280 円で買ったものだが,おなじカバン屋で 8000 円ちょっとだせば,金属で補強したものを買うことができた. しかし,軽さをとって,安価なほうを買うことにしたのだった.

もち手がまげられる (たおせる) ようになっているため,もち手とバッグ本体とのつなぎめがよわいことが予想された. 実際,そこがきれそうになった. しかし,そこは靴底の補修剤をつけて補修した. 補修した部分はなめらかではなくなっているが,補修したことがそれほどめだたない. これでもち手はまげられなくなってしまったが,1 年くらいは寿命をのばすことができるだろう.

もうひとつ,もっと高価なものでも弱点になるのはもち手そのものだ. まえのバッグはもち手がきれて,つかえなくなった. そのため,買ったときの写真にあるように,ここははじめから補強して (というより汗をふせぐようにして) つかってきた. ところが,もち手のつけ根のほうがさきにいたんだので,補強をはずしてみた. みてみると,汗をふせいできたつもりなのに,すでに合成皮革がちぢんでかたくなり,やぶれているところがあった. 補強があまり有効にはたらいていなかったのかもしれない.

バッグのかたちに関しても,すでにだいぶくずれてきている. いま補修しても,あと 1 年くらいでつかえなくなるかもしれない.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/4201

コメントを投稿

dasyn_1014-06

方向指定 3D デザイン・印刷技術を使用してつくったこのような作品を デイシン Yahoo! Japan ショップで売っています.

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type