[ トップページ ]
政治・法律・憲法:構造改革と民営化

郵政民営化の成果を刈り取れ!

総選挙で民主党が大勝するのはもはや確実だ. その民主党は国民新党とともに郵政民営化をみなおすといっている. しかし,すくなくとも国民新党がめざしているように,また,鳩山前総務相がめざしていたように,郵政民営化をダメにはしないでもらいたいものだ.

郵政民営化がほんとうに成功するかどうかはまだわからない. しかし,まだはじめて 4 年もたっていない. 成功か失敗かを判断するには,はやすぎる. とくに,全国の特定郵便局の改革がどのくらいうまくいっているのかを検証する必要があるとおもう.

つぶれた特定郵便局があるのは事実だし,サービスを維持できなかったところもある. しかし,国のカネをどんどんつぎこむことができなくない状態にある以上,民営化しなくてもある程度はさけられなかっただろう. 民営化の成功・失敗を判断するには,もうしばらく時間がかかるとおもう. いま日本郵政をしばって混乱させたら,うまくいくはずのことまで,うまくいかなくなってしまう. その結果,国のカネがまたしてもむだにつかわれて,日本国民はますます貧乏になる.

ある意味では民主党が大勝しようとしているのはさいわいだ. それによって,たとえ連立をくむとしても,国民新党の影響をすくなくすることができる. 民主党にはぜひとも,郵政民営化の成果をちゃんと刈り取ってもらいたい.

キーワード: 民営化

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/4163

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type