[ トップページ ]
情報通信博物館:コンピュータ館, 数学・計算・情報学・プログラミング

スクロール量が上昇と下降とでちがう Windows の Emacs 22.3

エディタは Emacs! というわけで Windows でも Emacs 22.3 をつかっている. 文字化けはあるものの,UTF-8 の漢字があつかえるので,一応はつかえている. ところが,マウス・ホイールでスクロールすると,どうもおかしい. しらべてみると,上スクロールするときと下スクロールするときとで,おなじだけホイールを回転させてもスクロール量がちがうことがわかった. これでは快適につかえるわけがない.

そもそも,なぜこのようなことがおこっているのか,わからない. ゆっくりスクロールさせれば上下おなじ量になるようだが,かなりゆっくりうごかさなければならない. また,Emacs 21.3 では高速にうごかしても,このようなことはおこらないようである. 22.2 でもおなじ現象があるから,22.3 固有のバグというわけではないようだ.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/4028

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type