[ トップページ ]
生活:園芸

パープルインゲンから緑のインゲンと枝豆へ

タネをまいた時期のちがいのため,おなじ,つるなしすじなしの品種でありながら,パープルインゲンの収穫時期はほぼおわり,緑のインゲンが最盛期をむかえようとしている. エダマメもすこしふくらんできた.

昨年はつるありインゲンをそだてて,数週間にわたって収穫したが,パープルインゲンに関してはすでに花はおわってしまった. 実もここ 2 週間くらいのあいだに 2/3 以上はとってしまった. 収量はちょっとものたりない. 緑のインゲンのほうが収量はおおそうにみえる.

エダマメは写真ではふくらんでいるのかどうかがわからないが,実際はまだやせている. よくみていないうちに花はおわってしまったようだが,実の数はすくない. エンドウについていたハエがエダマメの葉にもついて,あまり元気がよくなかったせいかもしれない. 写真でエダマメの左にみえる実はハラペーニョである.

Ingen090613.jpg RIMG0171_edited.jpg

キーワード: インゲンマメ, 枝豆

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/3998

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type