[ トップページ ]
文化・教育と学習:クールジャパン・ガラパゴス・オタク・カワイイ・アキバ, インターフェース・デザイン・アメニティ:日用品・実世界, インテリア・家具・機器の博物館:洗濯機・ウォータージェット機器・水栓

ガラパゴス商品としてのシャワートイレ

日本の携帯電話がそうであるのと同様に,シャワートイレ (TOTO でいえばウォシュレット) というのは徹底的に日本人固有のニーズにこたえたガラパゴス商品だ.

DL-WA20-CP_305576.jpg 便器にすわったときにつめたくないようにしたい,排便後にシャワーで洗浄したい,手でさわらずに乾燥までしたいというシャワートイレの基本的な機能に関する要求も多分に日本人固有のものである. それが証拠には,日本以外ではまだほとんど売れていないということがある. トイレが冬に比較的気温がひくくなる場所にあること,冷え性のひとがおおいこと,清潔感がつよくもとめられていることなど,欧米にも,おおくの開発途上国にもないニーズにもとづいているのだろう.

Panasonic のシャワートイレ」 に書いた Panasonic の DL-WA20 という私が買った商品をとってみると,人感センサーをつけて必要なときだけ通電するなど,ぎりぎりの節電のためにコストをかけていて,ニッチなうえにもニッチな商品になっている.

とはいえ,私がこの商品を買ったのは,メーカーの説明によれば年間 5000 円相当の節電が可能であり,3 年もつかえば十分ペイするという理由によっている.

この商品はまた,男子の小用時のとびちりをへらすための目標点 (「エチケット・ポイント」 とよばれている) を光でしめすという,こまかい機能ももっている. この機能については仕様には書いてないし,カタログにも数行しか書いてないので,(私もそうだったが) たいていのひとは,つかってみるまで気がつかないだろう. これも清潔感をつよくもとめる日本固有のニーズからきているのだろう.

この商品にはさらに脱臭機能もついているが,温風乾燥機能はついていない. 脱臭機能についていえば,安価な脱臭器を買ったこともあるが,家族がすぐに撤去してしまった. シャワートイレにつくりつけられた機能ならば,つかわれることになるだろう. 温風乾燥が必要なら,上位機種を買う必要がある. わが家では 「Panasonic のシャワートイレ」 に書いたように温風乾燥機能はあってもだれもつかわないので,2 台めにはそれがないものを選択した.

キーワード: 水まわり, サニタリー, ビューティ・トワレ, ナショナル, パナソニック, 温水洗浄便座, ウォシュレット, ガラパゴス現象

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/3989

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type