[ トップページ ]
歴史:戦争, 書評:歴史

日中戦争における知られざる非人道的行為 ― 戦争と空爆問題研究会 編集, 「重慶爆撃とは何だったのか ― もうひとつの日中戦争」

東京大空襲よりまえ,ゲルニカ空襲の直後に日本軍による重慶の無差別爆撃が 3 年間にわたって,おこなわれた. 明白な国際法違反だったにもかかわらず現代日本でそれが知られていないひとつの理由は,アメリカが東京裁判でとりあげるのをのぞまなかったからだという. 南京虐殺を議論するのもよいが,日中戦争にはほかにも重大な問題があったことを,この本はおしえてくれる. 重慶爆撃はその後の対米戦争にも影響をあたえているだろうし,なによりも,この問題にふたをしたままでは真の日中友好はありえないようにおもえる.

評価: ★★★★★

関連リンク: 重慶爆撃とは何だったのか@ [bk1]重慶爆撃とは何だったのか@Amazon.co.jp

注記: BK1書評Amazon.co.jp書評 に投稿しています.

キーワード: 戦略爆撃

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/3980

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type