[ トップページ ]
書評:政治・法律・憲法, 政治・法律・憲法:裁判員制度

批判本からはえられない貴重な情報をふくむ ― 丸田 隆 著 「裁判員制度」

裁判員制度に批判的な本がおおいなかで,この本はむしろ積極的である. 著者は陪審制度推進派であり,あとがきに 「投書の理念を失い,国民の司法参加の理想からどんどん後退していくこの制度の制度設計の現実に落胆し」 と書きながらも,陪審制度と裁判員制度のちがいや日本における戦前の陪審制度の歴史と裁判員制度導入の経緯などを冷静に分析し,将来の陪審制度確立への一里塚として裁判員制度をみとめている. 2004 年に出版された本だが,批判本からはえられない貴重な情報をふくんでいる.

評価: ★★★★☆

関連リンク: 裁判員制度@ [bk1]裁判員制度@Amazon.co.jp

注記: BK1書評Amazon.co.jp書評 に投稿しています.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/2800

この一覧は次のエントリーを参照しています: 批判本からはえられない貴重な情報をふくむ ― 丸田 隆 著 「裁判員制度」:

» 沖縄の弁護士は裁判員制度「推進33%」「延期29%」「廃止26%」 琉球新報調べ 送信元 びとうさとしの北海道から地方自治や政治と社会を考えてみる
琉球新報が、沖縄弁護士会会員212人に裁判員制度についてアンケートした。約4割に当たる82人から回答があった。 回答者の32・9%に当たる27人が裁判員制... [詳しくはこちら]

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type