[ トップページ ]
メディア・アート・イベント・エンターテイメント:建築・都市計画, 観光・旅行・出張:散歩・まちあるき

新橋・銀座周辺でみたビルたち ― 中銀タワーから Dior,西方第 1 ビルまで (銀座近辺の建築散歩 7)

大門駅から東京駅まで散歩するなかで,とくに銀座中央通りとその周辺で,中銀タワーや和光のような比較的ふるいビルから Dior にいたるまで,いろいろな建築をみてきました.

ChuginTower.jpg 汐留から新橋のほうにいくと,中銀タワーがみえてきます. この 黒川 紀章 設計の建物は,かなりよごれてはいますが,いまのところは健在です. このよごれも,うちはなしコンクリートのよわみだとおもわれますが,よごれかたにおおきなかたよりがあります. なぜでしょうか? 雨のおおい日本でながもちさせるには,なにか秘訣があるのでしょうか?

銀座七丁目のライオン・ビアガーデンはそれほど凝った建物というわけではありませんが,その装飾がすこし注目されています. 最初の写真は側面をとったものです. 正面の写真をとるのは,どうもわすれたようです. この建物でもうひとつ目をひいたのは,屋上の建造物です. 看板かなにかの残骸でしょうか? いま機能しているようにはおもえません. 銀座のビルでもあまり屋上にまでは目がいかないので,このような意味不明なものがのこされているのでしょうか?

GinzaLionBeerGarden1.jpg GinzaLionBeerGarden2.jpg

つぎは交詢ビルというなまえのビルです. 最近よくおこなわれるように,ふるい建物の一部だけをのこして,たてかえたものとおもわれます. これは中央通りからすこし西にはいったところにあります.

GinzaKojun1.jpg GinzaKojun2.jpg

松坂屋はみなれた建物であり,いまさらどうということはないのですが,モンドリアン・パターンのようです.

GinzaMatsuzakaya1.jpg GinzaMatsuzakaya2.jpg

Ginza-Wako.jpg 晴海通りにでるとおなじみの和光のビルがありますが,現在はおおいがかけられています.

ここで左折してすこしいくと,乾 久美子 がデザインしたという Dior のビルがあります. 表面を穴あき鉄板でおおっていて,内側にもドットがえがかれています. ちかづいてみると,想像していたより厚い鉄板であり,穴をあけるにもそれなりの時間がかかったものとおもわれます. 夜になるとまたちがった景観がうみだされるのでしょうが,きょうはここまでです.

GinzaDior1.jpg GinzaDior2.jpg GinzaDior3.jpg

ほそい道をすこし南のほうにもどると,西方第 1 ビルというビルがあります. ここではコリント式の柱がつかわれていますが,構造物としてではなく,単なる装飾になっています. この建物にはひとつだけベランダがありますが,これはなにかにつかうのでしょうか? これをうまくつかうと注目をあつめることまちがいなしです.

GinzaNishikata1.jpg GinzaNishikata2.jpg

キーワード: 西方第一ビル, 銀座ディオール・ビル, 銀座和光ビル, 銀座松坂屋ビル, 銀座交詢ビル, 銀座ライオン・ビアガーデン, まちあるき, 町歩き

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/2687

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type