[ トップページ ]
書評:知的生産とリテラシー, 知的生産とリテラシー, 文化・教育と学習:研究法から生き方まで, 書評:社会・経済, 社会・経済

フィールドワークのこころがまえやかんがえかた ― 好井 裕明 著,「「あたりまえ」 を疑う社会学 ― 質的調査のセンス」

社会学ではフィールドワークが欠かせないが,社会学や社会調査などの本は調査の技術にかたよりがちである. 著者がこの本でつたえたいのは技術でなく,フィールドワークのこころがまえやかんがえかたである. 社会学者でなくてもフィールドワークやアンケートなどの調査が必要になる機会があるだろう. そういうとき,この本が参考になるのではないだろうか. また,これは 「おもてなし」 のこころにも通じているようにおもう.

評価: ★★★★☆

関連リンク: 「あたりまえ」を疑う社会学@ [bk1]「あたりまえ」を疑う社会学@Amazon.co.jp

注記: BK1書評Amazon.co.jp書評 に投稿しています.

キーワード: エスノグラフィー, エスノメソドロジー, エスノ, フィールドワーク, おもてなし, もてなし

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/2355

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type