[ トップページ ]
メディア・アート・イベント・エンターテイメント:ビデオ・映画・テレビ

映像のフレームからの解放 (!?)

映像による作品とイベントとのちがい ― イベントは観客にひらかれている」 という項目に書いたように,テレビや映画の表現者にとってはフレームがあることが重要だということです. テレビの関係者はこのフレームのなかにもとの映像に関係がないものをもちこむことを 「画面をよごす」 といって,きらいます. しかし,ニコニコ動画のような Web 2.0 的なものがテレビの未来にかかわっているのだとすると,「テレビ進化論」 にものべられているように,テレビにかわるべきメディアにおいては,フレームのなかにあらたな表現がたしこまれるのを拒絶することはできないとかんがえられます. さらには,フレームの存在じたいもみなおされるべきだとおもえます.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/2340

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type