[ トップページ ]
インターフェース・デザイン・アメニティ, メディア・アート・イベント・エンターテイメント:ビデオ・映画・テレビ, 言語・コミュニケーションとネットワーキング:放送, 科学・技術・自然

“技術の進歩” がテレビの使い勝手をわるくする ?!

地上放送ではあまり問題がおこったことはありませんが,BS 放送でもケーブルテレビでも,放送がうまくみられなくなるような問題がいろいろとおこって,いやになります.

bcas_card.jpg NHK の BS 放送は BCAS カードの番号を登録しないと,うるさい字幕が表示されます. 電話するか Web でカード番号を登録するとこの字幕はきえますが,しばらくするとまた表示されるようになったりします.

わが家には 4 枚の BCAS カードがあります. 2 枚はテレビについているものであり,家に設置した BS アンテナにつないだときに使用されます. そのほかにケーブル経由でみるときに使用されるものが 2 枚あります. 4 枚そろって字幕にじゃまされずにみられるようになったことのほうがすくないようにおもえます.

もうすくなくとも 2 回は NHK に電話したとおもうのですが,テレビ本体の BCAS カードを使用したときに,また,字幕が表示されるようになりました. しかたがないので Web で番号を再登録したら,表示されなくなりました. しかし,またそのうちに表示されるようになるのでしょうか? もう,うんざりです.

ケーブルのほうはというと,うつるはずの放送がうつらなくなったりします. いまは 2 台のうち 1 台で BS, CS 放送がうつらなくなっています (つまり,地上波しかうつらなくなっています). これは単純にセットトップボックスがこわれたのが原因なのかもしれませんが,必要以上に複雑なしかけをつくったために,こわれやすくなっているようにおもえます. ケーブル会社に電話してもまずなかなか電話がつながらないうえに,つながってからもすぐに人を派遣することにはならずに自分でいろいろとしらべさせられたりします. 以前はもっとサービスがよかったようにおもいます.

NHK BS にしてもケーブルにしても,“技術の進歩” が使い勝手をわるくしているとしかおもえません.

キーワード: ケーブルテレビ, BS 放送, CS 放送, NHK, セットトップボックス, リモコン, CATV

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/2071

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type