[ トップページ ]
インテリア・家具・機器の博物館:カメラ (写真機,ビデオカメラ), メディア・アート・イベント・エンターテイメント

母のデジカメと家のまわりの風景

母のためにえらんだオリンパス FE-150 というデジカメの電池がすぐなくなるというので,しらべました. デジカメじたいの問題ではないようですが,しらべるついでに家のなかや周囲の写真をとってみました. 500 万画素のカメラですが,使用目的がほとんどメイルで写真をおくるためなので,640×480 つまり 30 万画素でつかっています.

このカメラは私がえらんだのですが,なるべく軽量で標準的な性能をもつものをえらびました. 30 万画素あればたりるのですが,標準的な性能ということになると現在では 500 万画素がほぼ最低限になっています (すでに FE-150 は製造中止で入手困難になっています). 30 万画素だと内蔵メモリでも 100 枚くらいとれるので,メモリ・カードはつけていません.

このカメラのよいところはスーパー・マクロ機能があることです. いまやどんな携帯電話でも 30 万画素よりずっとこまかい写真がとれますが,マクロ機能は携帯ではまねができません. この機能をいかして,虫がとまった花などを撮影してみました. 空中でおなじ位置にとどまっている虫もスーパー・マクロでとろうとしましたが,これはちょっと困難で失敗しました.

Flower-Bug.JPG
Flower0711-1.JPG
Seed0711-1.JPG
Flower0711-2.JPG
Seed0711-2.JPG
Seed0711-3.JPG
Moss0711.JPG
Flower-Bug-2.JPG

キーワード: デジタルカメラ, ディジタルカメラ, デジカメ, 写真機

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/1680

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type