[ トップページ ]
書評:メディア・アート・イベント・エンターテイメント

Muji 的デザインと 「コミュニケーション」 ― 原 研哉 著 「デザインのデザイン」

著者は産業デザインを批判し,ポストモダンを否定するようなことばを書いている. そして,この本のなかにあらわれるデザインたちは,iPod などよりはるかに以前のものから,白を中心とするモノトーンな世界である. この本じたいが,デザインの本にありがちなカラーページのおおいものではなく,白と黒だけのデザインである. それは,著者が担当している無印良品の思想にもつながっている.

著者はつぎのように書いている. 「僕の専門領域はコミュニケーションであるが,その理想は力強いヴィジュアルで人々の目を奪うことではなく,五感にしみ込むように浸透していくことであると考えるようになった.」 このことばの後半は納得のいくものだが,私にとってはこの本に何回か出現する 「コミュニケーション」 ということばが,まだひっかかったままである.

評価: ★★★★☆

関連リンク: デザインのデザイン@ [bk1]デザインのデザイン@Amazon.co.jp

注記: BK1書評Amazon.co.jp書評 に投稿しています.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/1715

この一覧は次のエントリーを参照しています: Muji 的デザインと 「コミュニケーション」 ― 原 研哉 著 「デザインのデザイン」:

» 白 原 研哉 送信元 Re:design BLOG
前の会社を辞める時、唯一の同期の同僚にもらいました。 彼は自分の知る中で最高の... [詳しくはこちら]

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type