[ トップページ ]
生活:食品・料理と嗜好

りんごは紅玉にかぎる

くだもののなかで,りんごは比較的すきなほうです. とはいっても,たべるのはほとんど紅玉にかぎられています. 最近は酸味がつよいことがきらわれていますが,りんごらしい香りとしっかりした味は最近の品種にはないものです. 最近はりんごジュースでも紅玉以外の品種がつかわれることがおおくなっているようですが,むかしはジュースには紅玉は不可欠といわれました.

Jonathan2.jpg 1988 年にアメリカにいくまえは知りませんでしたが,紅玉はもともとアメリカのジョナサン (Jonathan) という品種を日本に移植したものです. 当時はしらないままアメリカでジョナサンを買って,これは紅玉の味だと,おもったものです.

トマトでもそうですが,なまでたべるには味はあまり濃くなくてよい. そのために日本では桃太郎という品種がヒットしました. しかし,トマトは料理につかうので,イタリアなどでは酸味がつよいものがつかわれます. りんごはジャムなどにつかうので,そのときは味が濃くなければなりません. なまでたべるのにも,私は香りのよい紅玉がよいとおもっているのですが,今後はますます,あまいばかりで味気ないりんごばかりになってしまうのでしょうか?

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/1604

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type