[ トップページ ]
情報通信博物館, インターフェース・デザイン・アメニティ:日用品・実世界

時計機能つきダブルタイマーのデザイン

1 ~ 2 年まえに時計機能がついたタイマーを 800 円くらいで買いました (いまも買うことができますが,あえて店のなまえはふせておきましょう). ふつうのタイマーとしてつかう分には問題ないのですが,2 個のタイマーを両方つかおうとか,時計機能をつかおうとおもうと,破綻してしまいます.

TimerClock.jpg タイマーとしてつかう頻度がたかくないので,ふだんは時計としてつかおうとおもいました. そこで,時刻をあわせようとしましたが,どうやってあわせたらよいのかがわかりません. マニュアルはついていたのでしょうが,もはや,みつけることができません. しかし,マニュアルがなければあわせられない時計なんて,つかいものにはなりません. 時計というものの常識があります. 常識的な方法にしたがっているかぎりは,マニュアルがなくてもあわせることができます. なにか普通ではかんがえられない手順が要求されているのだとおもいます.

私のばあいタイマーを 1 個つかうこともまれなので,2 個つかうことはほとんどないとおもうのですが,せっかく 2 個設定できる機能がついているので,ためしてみました. タイマー 1 を設定してから画面をきりかえて,タイマー 2 を設定します. 同時に鳴るとわけがわからないので,設定時間はすこしずらしておきます. そうしておいて両方のタイマーをスタートさせます. 最初のタイマーが 0 になってその音をとめるところまではうまくできました. しかし,2 個めのタイマーがなかなかうまくつかえません. アラームがならなかったり,音はとまってもタイマーじたいはとまっていなかったり,なかなかおもったとおりに動作しませんでした. 要するに,このタイマーはつかいかたがむずかしすぎるということです. ひとつの液晶をきりかえて 2 個のタイマーを表示させようというところに無理があるのだとおもいます. やはり,タイマーが 2 個ほしければ独立のタイマーを 2 個ならべてつかうのがもっとも容易です.

キーワード: キッチンタイマー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/1362

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type