[ トップページ ]
社会・経済:乗物と道路・駅, 書評:政治・法律・憲法, 政治・法律・憲法:構造改革と民営化

個人攻撃によって道路から目をそらされる ― 櫻井 よしこ 著 「権力の道化」

櫻井よしこがすぐれたジャーナリストであるのはまちがいないだろう. しかし,この本では私怨に目をくもらされているとおもわざるをえない. 猪瀬直樹の強引さは猪瀬の著書を読んでもあきらかだし,櫻井に対して攻撃的だったこともたしかだろう. しかし,猪瀬が 「名誉欲」 で民営化委員をしていたというような記述には根拠がなく,生産的とはおもえない個人攻撃がくりかえされている. 猪瀬の個人攻撃をするのでなく,どのように民営化がだめにされていったのかを冷徹にとらえれば,もっと価値ある本になったのではないだろうか.

評価: ★☆☆☆☆

関連リンク: 権力の道化@ [bk1]権力の道化@Amazon.co.jp改革の虚像@ [bk1]改革の虚像@Amazon.co.jp

追記: この本だけで猪瀬という人物を判断するのは危険だろう. 猪瀬の著書 「道路の権力」 のほうが迫力があることはまちがいない.

2008-12-14 追記: 単行本には 「権力の道化」 という,あまりに露骨なタイトルがつけられている. 文庫版では 「改革の虚像」 という,よりおとなしいタイトルになっているのは,良識をうたがわれないようにしたかったのだろうか?

注記: BK1書評 (単行本)書評 (文庫)Amazon.co.jp書評 (単行本)書評 (文庫) に投稿しています.

キーワード: 民営化

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/1190

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type