[ トップページ ]
インテリア・家具・機器の博物館:センサー・測定器・温湿度計, 科学・技術・自然:計測, DIY (日曜大工) とものづくり・実験:道具 (ツール)

わが家の測定器とセンサーたち

私のうちには安価な測定器やセンサーがいろいろあります. 温度計や湿度計も測定器のうちですが,そういう日常生活でつかうものをのぞくと, ずっと以前からつかってきたものとしてテスターがあります. ほかに使用頻度が比較的たかいものとして,2x4 (ツーバイフォー) の壁のうえから角材の位置をさがすためのセンサーがあります. おなじセンサーで木材だけでなくクギなどの金属をセンスすることもできるようです (が,クギの位置をさがすのに失敗したことがあります). ほかに,照度計や騒音計,アルコールのセンサーなどもあって,ときどきつかいます.

テスターはこれまでに 4 台つかってきました. 最初にテスターを買ったのは中学生くらいのときだったとおもいます. 3000 円くらいしたように記憶しています. そのテスターはもうだいぶまえにこわれて,すててしまいましたが,20 年くらいはつかいました. 2 台めは 1989 年ころ,アメリカ (ピッツバーグ) にすんでいたときに,シアーズで買いました. いまでは日本でも比較的安価にテスターを買うことができますが,当時は相当な価格差がありました. 品質は日本製のほうがたかいとおもわれますが,DIY でつかうにはシアーズの 20 ドル以下のもので十分です. これも 10 年以上つかっていました.

これら 2 台のテスターはアナログでしたが,1 台,デジタル表示のものを買ってみようとおもって,数年前にシアーズにいったときに 1 台,買ってきました. デジタルのものはアナログの安価なものにくらべるとやや高価で,たぶん 20 ドル台だったとおもいます.

Tester1.jpg Tester2.jpg
2 台のテスター

シアーズの 1 台めの精度がおちてきたようなので,もう 1 台ほしいとおもいました. デジタルのはつかえるのにもう 1 台ほしかったのは,アナログのもほしいという理由もありましたが,シアーズの 2 台めは電池チェック機能がついていないのも理由のひとつでした. Monotaro で小型の 1000 円台のテスターを買いました. 機能はかぎられていますが,デジタル・テスターとくみあわせてつかうことで,必要をみたしています.

2x4 の角材のセンサーも,2000 年に 1 カ月ほどアメリカ (フォート・コリンズ) にいたときに Home Depot (ホーム・デポ) という店で買ったものです. 16 ドルくらいだったとおもいます. わが家は 2x4 住宅なので重宝しています. 角材の位置はカベをたたいてみればだいたいわかりますが,やはり正確にしらべるにはセンサーがあるとこころづよいとおもいます. いまでは日本でも安価なセンサーが容易に手にはいりますが,当時はまだ手にはいりにくかったようにおもいます.

2x4-1.jpg 2x4-2.jpg
木材探知機と木材・金属探知機

最近,木材だけでなくクギにも反応するというセンサーを買いました. 床のうえからクギの位置をしりたいとおもったのが買った動機ですが,これはうまくいきませんでした.

照度計もそれほど頻繁にはつかいませんが,ときどきつかっています. わが家の照明は,日本の平均的な家よりはひくい照度に設計しています. 私と妻子がつかうへやは 100 ルクスを基準とし,母がつかうへやは 200 ルクスを基準としました. 作業や食事をするにはそれではくらすぎるので,部分的にはペンダントやスタンドをつかって,もっとあかるくします. 照度設計をしたのはゼネコンではなくて私自身です (住宅建築に関しては照明の設計なんか普通しませんから). したがって,設計どおりの照度になっているかどうか,照度計をつかって自分でたしかめました. 非常にあらい計算しかしていませんでしたが,だいたい予定の照度がえられていました.

LightMeter.jpg LightMeter2.jpg
2 台の照度計

1 台めの照度計がだいぶふるくなって精度に疑問がでてきたので,もう 1 台買いました. 1 台めのとおなじものは最近でも売っているようですが,比較的高価です. もっと安価なものをみつけて買いました. 1 台めは一体型でしたが,こちらはセンサー部が独立しています. そして,1 台めとならべて比較してみました. 1 台めもまだそれほどくるっていないことがわかりました.

騒音計もやすく売っていたので買いました. 家のなかやそのちかくではかる必要はあまりないのですが,一度,会社でやくにたちました. 遠隔会話のためのメディア voiscape (ヴォイスケープ) をつかった実験のため,社内で実験室を借りて,比較的しずかな環境をつくる必要がありました. 騒音対策が有効かどうかをはかるのに,この騒音計をつかいました. 仕事でつかうものは社内のどこかから借りてくればよいのですが,家からもっていくほうがかんたんなので,そうしました.

SoundMeter.jpg AlcohlMeter.jpg
騒音計とアルコール検知器

最近は飲酒運転をさけるためにアルコール検知器の需要がたかまっています. そのためその価格もやすくなっているのだろうとおもいます. タタキ売られているものを買いました. 一度,酒をのんでいないのに反応したことがあるので,正確なのかどうか疑問はありますが,運転するまえにはかるというような実用的な目的でつかっているわけではないので,問題はありません.

キーワード: 測定器

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/1145

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type