[ トップページ ]
インターフェース・デザイン・アメニティ:コンピュータ・仮想世界 (ヴァーチャルワールド), 知的生産とリテラシー:文書処理・Word, Web とインターネット:電子図書館・電子書籍 (一般)

ネット時代のドキュメント形式

Microsoft Word のようなワードプロセッサは,印刷ドキュメントにちかい形式の文章がかんたんに書けるようにくふうされています. 脚注,目次,索引などを容易につくることができようになっています. しかし,これらのしかけはそうやってつくったドキュメントを印刷してみるときには便利であっても,そのままコンピュータ上でみるときにはかならずしも便利ではありません.

脚注よりはマウスポインタからのふきだしのほうが便利かもしれません. また,目次よりアウトラインのほうがやくにたつかもしれません. さらに,索引よりは検索機能のほうが便利でしょう.

学術論文などもネットからダウンロードしてみる機会がふえていますが,その形式はほとんどむかしのままです. むかしのままの形式であるかぎりは PDF ドキュメントを印刷してから読むのが便利ですが,形式を自由にきめてもよいのなら,ふきだしや文章の変形 (アウトライニングなど),検索機能などをうまくつかったほうが便利なはずです.

グーテンベルク以来 500 年以上をかけてつちかわれてきた印刷技術にかわるものをつくりあげるのは容易なことではありませんが,そうしていく必要があります.

キーワード: ドキュメント形式, 印刷技術

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/624

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type