[ トップページ ]
生活:食品・料理と嗜好

あるべきテーブル・ワイン*

20 年以上まえから週末にワインをのむのがたのしみでした. イタリアやスペインにもよいワインがありますが,私はフランスのワインを趣味としてきました. 最近は南北アメリカにも,オーストラリアにも,アフリカにも,よいワインがあります. 私もしばしばカリフォルニアやチリ,アルゼンチン等々のワインを買います. しかし,やはりフランス・ワインが基本というところはかわっていません.

最近はフランスのテーブル・ワインのなかにも自己主張がつよく,これがほんとうにフランスのワインなの? というものがでてきました. しかし,テーブル・ワインはたべものの味をひきたててこそテーブル・ワインなのであり,たべものがまけてしまうようなワインは本来のテーブル・ワインではありません. 最近はフランスでもワイン・コンクールがいろいろひらかれて,そのなかには自己主張がつよいワインに賞をあたえているものもあるようですが,テーブル・ワインとして王道をいくワインに賞をあたえているコンクールももちろんあります. そのあたりをみわけていく必要があるのではないかとおもいました.

Pereyre.jpeg きょうのワインは Château Haut-La Péreyre (シャトー オー ラ ペレイル) 2004,パリのワイン・コンクールで金賞をえたということですが,これは本来のフランス・ワインらしい,おちついた香りです (ぶどうの品種はカベルネ・ソーヴィニオン,メルロー,カベルネ・フラン).

* 「テーブル・ワイン」 ということばは,EU では日常的にのまれる比較的安価なワインのことを意味しています. しかし 「テーブル・ワイン」 ということばにはもうひとつ,食事のときにのむ非発泡性のワインという意味もあります [エンカルタ - ワイン] [日本のワイン - ワインの種類]. ここでは後者にちかい意味でつかっています.

キーワード: フランスワイン, テーブルワイン, ワインコンクール, カベルネ・ソービニヨン,カベルネ・ソーヴィニオン,メルロー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/627

この一覧は次のエントリーを参照しています: あるべきテーブル・ワイン*:

» replacement parts for battery operated clocks 送信元 replacement parts for battery operated clocks
Find here the brightest available clock kits now now in stock and at great pr... [詳しくはこちら]

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type