[ トップページ ]
書評:政治・法律・憲法, 政治・法律・憲法:政治家

森前首相の 「神の国」 発言の分析 ― 高橋 哲哉 著 「「心」と戦争」

この本は全体としてはあまり冷静ですじみちたてた議論をしているとはいえないので,得るところはすくない. しかし,森前首相の 「神の国」 発言をあつかった部分 (p. 106-110) ではこの発言を冷静に分析していて,「「神の国」発言が,今日の 「愛国心」 教育や,『心のノート』や,教育基本法 「改正」 の動きを導く一つの理念なのではないかと思うのです」 という,この本の核心につながる結論にも納得させられた.

評価: ★★★☆☆

関連リンク: 「心」と戦争@ [bk1]「心」と戦争@Amazon.co.jp

注記: 作成日付として BK1書評に投稿した日付をつけています. Amazon.co.jp書評 に投稿しています.

キーワード: 森喜朗, 神の国, 愛国心教育, 教育基本法改正

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/378

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type