[ トップページ ]

« ソフトウェアとハードウェア | メイン | 研究とビジネス »

ランダム順序の計算

近年,ランダムさをとりいれた計算法がさかんに研究されています. 遺伝的アルゴリズム (genetic algorithms) や遺伝的プログラミング (genetic programming) などの進化的計算 (evolutionary computation) もそのひとつですが,ボルツマン・マシンをはじめとするシミュレーテッド・アニーリングや,古典的なアルゴリズムに計算の効率化のためにランダムさをとりいれる方法なども研究されています. 私が以前に研究していた 化学的計算モデル (CCM)ランダムな非同期セル・オートマトン も ランダムさをとりいれた計算を使用しています.

これらの計算モデルにおいては用意された規則をつぎつぎに適用することで計算がすすみますが, その規則の適用順序がランダムにきめられるようになっています. 計算を整然とした順序で (同期的に) おこなうことによって おもしろい現象がおこることもあるのですが,意図しない結果がえられる 場合も多々あります. ランダムさをとりいれることで効率がよくなることもありますが, それよりも,第 1 にランダムさが創発性のもとなのではないかということと, 第 2 に特殊なくふうをしなくても意図した結果がえられやすい のではないかということをかんがえて,このような計算法を研究して いました.

関連する研究のページ:
Keywords: CCM, Chemical Casting Model, Chemical Computation Model, 化学的キャスティング・モデル, 化学的計算モデル, 規則ベース計算, 規則ベース問題解決, ランダム・セルオートマタ, ランダム・セルオートマトン, ランダム・セル・オートマタ, ランダム・セル・オートマトン, ランダム化セルオートマタ, ランダム化セルオートマトン, ランダム化セル・オートマタ, ランダム化セル・オートマトン, 非同期セルオートマタ, 非同期セルオートマトン, 非同期セル・オートマタ, 非同期セル・オートマトン, 創発的計算, ノイズ, エマージェント・コンピュテーション, セルラオートマタ, セルラオートマトン, セルラーオートマタ, セルラーオートマトン, セルラ・オートマタ, セルラ・オートマトン, セルラー・オートマタ, セルラー・オートマトン, ランダマイズド計算

コメントを投稿

About

2007-03-31 08:59に投稿されたエントリーのページです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 3.36