[ Top page ]

« 遠隔管理のためのフレームワークやプロトコル | メイン | ネットワーク・シミュレータ »

シミュレーションと評価, 概要

ネットワークに関するあたらしい方法や機器の評価法

ネットワークに関するあたらしい方法や機器を開発したとき,たとえば QoS 保証のためのあたらしい方法を開発したようなときには,それを評価する必要がある. 実運用されているネットワークで評価するのは困難なので,評価のためにはつぎのような方法がとられる.

シミュレーションによる評価
ネットワーク機器を使用することなく,ネットワーク・シミュレータを使用して評価する. 大学の研究者などのあいだで,もっともひろく使用されている方法である.
実機による評価
ネットワーク機器やそのためのプログラムを開発したとき,その評価のためにはその機器にトラフィックをとおして評価する必要がある. そのために,そのネットワーク機器をふくむネットワークを構築する. トラフィックを発生させる方法としてはつぎのようなものがある.
  • トラフィック発生器: Smatbits のような専用機器や PC 上のプログラムなどを使用して,それらにくみこまれたトラフィック・モデルにしたがうトラフィックを発生させる. Smatbits のような機器においてはその機器をつかって計測もあわせておこなうことができる.
  • 実測トラフィックの再生: 実運用されているネットワークの特定の場所に到着したパケットを記録した結果を使用して,おなじ時間間隔,おなじサイズのパケットを生成する.

関連項目

Keywords:

コメントを投稿

Powered by
Movable Type 3.36