[ Top page ]

« ネットワーク・シミュレータ | メイン | TCP トラフィックの大規模シミュレーションのための方法 »

シミュレーションと評価

2 つのレベルのネットワーク・シミュレーション法

ネットワーク・シミュレーション法はそれが単位とするレベルによってパケット・レベルとフロー・レベルという 2 種類に分類される.

パケット・レベルのシミュレーション
パケットを単位とするシミュレーションである. OPNET [Cha 99] や ns-2 [Alt 03] はパケット・レベルのシミュレータである. 実際のネットワークにちかい条件でシミュレーションをおこなうことができるが,低速であり,数 1000 ノードをこえる大規模なシミュレーションをおこなうのはむずかしい.
フロー・レベルのシミュレーション
送信者,受信者が共通である一連のパケット,すなわちフローを単位とするシミュレーションである. パケット・レベルのシミュレーションより効率がよいので大規模なシミュレーションにむいているが,正確なシミュレーションをおこなうのはむずかしい. とくに,TCP のウィンドウ制御に依存するようなばあいにはそうである. SimGrid [Cas 08] はフロー・レベルのシミュレータのひとつである.

パケット・レベルとフロー・レベルのより詳細な比較に関しては Sulistio ら [Sul 04] を参照.

参考文献

  • [Alt 03] Altman, E. and Jiménez, T., “NS Simulator for Beginners”, Univ. de Los Andes, Mérida, Vene-zuela and ESSI, Sophia-Antipolis, France, December 2003.
  • [Cas 08] Casanova, H., Legrand, A., and Quinson, M., “SimGrid: A Generic Framework for Large-Scale Distributed Experiments”, 10th International Conference on Computer Modeling and Simulation (UKSIM 2008), pp. 126–131, April 2008.
  • [Cha 99] Xinjie Chang, “Network Simulations with OPNET”, 1999 Winter Simulation Conference, Vol. 1, pp. 307–314, December 1999.
  • [Sul 04] Sulistio, A., Chee Shin Yeo, and Buyya, R., “A taxonomy of Computer-based Simulations and its Mapping to Parallel and Distributed Systems Simulation Tools”, Software – Practice & Experience, Vol. 34, pp. 653–673, 2004.
Keywords:

コメントを投稿

Powered by
Movable Type 3.36