[ Top page ]

« 2 つのレベルのネットワーク・シミュレーション法 | メイン | バースト性をはかる指標 »

インターネットのプロトコル, シミュレーションと評価

TCP トラフィックの大規模シミュレーションのための方法

TCP トラフィックのシミュレーションにおいてはウィンドウ制御機構もシミュレーションしなければならないため,大規模なシミュレーションは容易でない. そのため,現在でも TCP トラフィックの大規模シミュレーションのための方法はかならずしも確立されているとはいえないが,これに関してはつぎのような研究およびシミュレータがある.

パケット・レベルの方法
パケット・レベルで TCP をシミュレートするには,ウィンドウ制御を正確にシミュレートする必要があるため,オーバヘッドがおおきい. そのため,GTNetS [Ril 03a] [Ril 03a] のように多数のワークステーションに分散してシミュレーションをおこなうことができるシミュレータが開発されている. 同様の大規模シミュレーションのためのフレームワークとして Scalable Simulation Framework (SSF) [Cow 99] があり,10 万フローまでの TCP シミュレーションができると主張している. Yaun ら [Yau 03] は ROSS というシミュレーション・エンジンのための大規模な TCP シミュレーションの方法を提案している.
フロー・レベルの方法
SimGrid [Cas 08] はフロー・レベルのシミュレータである. Fujiwara [Fuj 07] はそれを利用した大規模でウィンドウ制御を考慮した正確な TCP トラフィックのシミュレーション法を提案している.

参考文献

  • [Cas 08] Casanova, H., Legrand, A., and Quinson, M., “SimGrid: A Generic Framework for Large-Scale Distributed Experiments”, 10th International Conference on Computer Modeling and Simulation (UKSIM 2008), pp. 126–131, April 2008.
  • [Cow 99] Cowie, J., Liu, H., Liu, J., Nicol, D., and Ogielski A., “Towards Realistic Million-Node Internet Simulations”, Int’l Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications (PDPTA'99), 1999.
  • [Fuj 07] Fujiwara, K. and Casanova, H., “Speed and Accuracy of Network Simulation in the SimGrid Framework”, 1st Int’l Workshop on Network Simulation Tools (NSTools’07), 2007.
  • [Ril 03a] Riley, G. F., “The Georgia Tech Network Simulator”, Workshop on Models, Methods, and Tools for Reproducible Network Research (MoMeTools), pp. 5–12, 2003.
  • [Ril 03b] Riley, G. F., “Large-scale Network Simulations with GTNetS”, 2003 Winter Simulation Confer-ence, Vol. 1, pp. 676–684, December 2003.
  • [Yau 03] Yaun, G., Carothers, C. D., and Shivkumar Kalyanaraman, “Large-scale TCP Models Using Optimistic Parallel Simulation”, 17th Workshop on Parallel and Distributed Simulation (PADS 2003), pp.153–162, June 2003.
Keywords:

コメントを投稿

Powered by
Movable Type 3.36