« SOOC-94: An Experimental Language toward Building Real-World Computing Systems | メイン | 創発的計算のためのモデル CCM による制約充足問題などの独立並列処理法 »

創発的計算のための言語 SOOC: その特徴と実装 -- 魔方陣を例題として --

金田 泰, 情報処理学会記号処理研究会, 94-SYM-75-5, pp. 31-38, 1994, IPSJ により出版.

[ English page ]
[ 論文 PDF ファイル ] [ 論文 ポストスクリプト・ファイル (印刷低速 !) ]
[ OHP ポストスクリプト・ファイル: スライド, ハンドアウト ]
[ OHP PDF ファイル: スライド, ハンドアウト ]

[ Java による魔方陣のデモ (SOOC とは無関係です) ]

要旨: たえず変化する環境に対してひらかれた創発的計算にもとづく問題解決法の確立をめざして, 著者は CCM という計算モデルを提案している. CCM は局所的な情報だけで計算される評価 関数をともなう,ランダムに動作する一種のプロダクション・システムである. その実験を おこなうために計算言語 SOOC-94 とその処理系を開発し使用している. ここでは SOOC-94 の特徴と逐次計算機の Lisp 上の実装について,魔方陣の問題を例として説明する. この言語 の特徴としては,規則適用時に評価関数の自動計算や局所的な自動バックトラックをするこ と,規則の両辺におけるパタンの構文がほぼ統一されていること,規則の適用順序に関する 2 種類のスケジューリング戦略とくにランダム戦略の存在,データ (構造体) の要素と して複数の同名の要素の存在をゆるしていることなどがある.

研究テーマ紹介: CCM: 化学的計算のモデル

キーワード: CCM, SOOC, 計算言語, 創発的計算, ランダム化計算, ランダム化問題解決, ランダマイズド計算, ランダマイズド問題解決, 規則ベース計算, 規則ベース問題解決, ルールベース計算, ルールベース問題解決, プロダクション・システム, プロダクションシステム, プロダクション規則, 局所情報, 局所的計算, 局所評価関数, 魔方陣

コメントを投稿

About

1994-09-01 00:00に投稿されたエントリーのページです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

(C) 2008 by Yasusi Kanada
Powered by
Movable Type 3.36