« コンピュータによる自己組織系のモデルをめざして | メイン | 自己組織系としての計算システム -- ソフトウェア研究への 2 つの提案 -- »

記号処理プログラムのベクトル処理法とその論理型言語プログラムへの適用

金田 泰, 東京大学大学院工学系研究科情報工学専門課程 博士論文, 1992.

[ English page ]
[ Kindle 版: ベクトル記号処理法とその論理型言語プログラムへの適用 ]
[ PDF 版論文の目次 ]

記号処理プログラムのベクトル処理法や論理型言語プログラムの自動ベクトル化 (Cray-1 タイプの計算機へのあてはめ) の方法を開発した.
-- SIMD 型の自動並列化をかんがえるときは,いまでも,ここからえられる ものがあるのではないかとかんがえている.

研究テーマ紹介: 論理 / 記号 ベクトル処理

キーワード: 論理型言語, プログラミング言語処理系, 記号処理ベクトル化, ベクトル記号処理, 並列記号処理, スーパーコンピューティング, スーパー記号処理, 並列処理, ベクトル処理

コメントを投稿

About

1992-03-31 00:00に投稿されたエントリーのページです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

(C) 2008 by Yasusi Kanada
Powered by
Movable Type 3.36