[ Top page ]

« ベクトル / 並列計算機のためのプログラミング言語処理 | メイン | RACA: ランダムな非同期セル・オートマトン »

論理 / 記号 ベクトル処理

論理 / 記号 ベクトル処理とは?

この研究の目的は Prolog のような論理型言語のプログラムやその他の記号処理をベクトル計算機によって実行する方法を確立することだった. おもな対象の計算機は Cray X-MP や Hitac S-820 などのベクトル型スーパーコンピュータである. しかし,この研究はあわせて CM-1 のような SIMD 型の並列コンピュータによる記号処理も視野においていた.

関連文献

関連ブログ項目

Keywords: ベクトル処理, ベクター処理, 記号処理ベクトル化, 記号処理ベクター化, 論理型言語, ベクトル記号処理, 並列記号処理, スーパーコンピューティング, スーパー記号処理

コメントを投稿

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 3.36