メイン

ワークプレイス アーカイブ

2007-04-28

オフィスワークに関するさまざまなトレンドを分析し,そこから発生する課題やそれに対する従来の解決策についてのべる.

つづき»

開放型コミュニケーションについての考察において欠かせない概念としてソーシャル・キャピタルがある. Put-num は 「ソーシャル・キャピタルとは,社会組織における社交ネットワークや規範,社会的信頼といった特徴で,互いの利益にむけた調整や協力を促進するもの」 だと説明している [Coh 01]. この項目においては Cohen ら [Coh 01] によるソーシャル・キャピタルとそれをはぐくむコミュニケーションや交流に関して紹介し分析する. なお,Cohen らによるソーシャル・キャピタルの分析は多岐にわたっているが,本文ではオフィスワーク向け情報通信技術により関係がふかい部分を中心にとりあげ,他の部分については付録においてのべる.

つづき»

この項目においては,オフィスワークに関するトレンドの項目 でのべたような変化したオフィスワークを支援するための方法や手段を,オフィス・コミュニケーション,そのなかでもとくに音声コミュニケーションに関するものを中心としてしめすとともに,それらに関する課題を分析する.

つづき»

あたらしいオフィスワークをささえる方法・手段とその課題においてのべた課題を情報通信技術 (ICT) によって解決する方法についてのべる.

つづき»

物理的なオフィスや法律的な会社組織にしばられない “仮想の組織” を支援するツールやミドルウェアなどに関する従来の研究についてのべる.

つづき»

2007-04-29

ワークプレイスは直訳すれば「仕事場」となるが,外来語として使用されることがおおい.仕事の種類によってさまざまなワークプレイスが存在するはずだが,オフィスワークのための場所を意味していることがおおい.もともとは仕事をするための物理的な場所 (現実の場所) を意味し,ワーキングスペースやオフィスにちかい意味だったが,コンピュータ・ネットワークなどの発達にともなってオフィスワークが特定の場所にしばられないようになったため,サイバースペース (仮想の場所) としての意味ももつようになった.

つづき»

2007-05-07

ビジネス・コミュニケーションを中心とする人間のコミュニケーションに関いて調査し,独自の視点をいれて整理した. この調査と整理のおもな目的は,さまざまな種類のコミュニケーションにあたらしいコミュニケーション・メディア (Kanada [Kan 03] [Kan 05] や Yasumoto ら [Yas 05] においてしめされているような音響仮想空間メディア) がつかえるかどうかを検討することである (ただし,その検討はこの項目の範囲外である).

つづき»

1013-06-240.jpg

方向指定 3D デザイン・印刷技術を使用してつくったこのようなものを デイシン Yahoo! Japan ショップで売っています.

ワークプレイス について

サブサイト「調査と解説」のカテゴリ「ワークプレイス」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリはポリシーベース制御・管理です。

次のカテゴリは仮想化です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36