[ Top page ]

« データセンタにおける省電力 | メイン | ネットワークにおけるトラフィックと電力消費の最適化の概要 »

省エネルギー・省電力:省電力化のためのネットワーク・トラフィック計測

ネットワークにおけるトラフィック計測の概要

トラフィック計測・監視に関する標準化」 に記述したように,インターネット上の機器におけるトラフィック計測はまず RMON MIB (遠隔モニタリング MIB) に格納され,SNMP (Simple Network Management Protocol) によって管理装置につたえられるようになった. 現在でもこの方法が主流になっている. しかし,この方法は精度やリアルタイム性において十分でないため,NetFlow,sFlow などの 「IP フロー計測」 のしくみが開発され,IPFIX, PSAMP などのかたちで標準化されてきた. 省電力化のためのトラフィック計測においても,精度やリアルタイム性がもとめられないあいだは RMON やその改良版である RMON2 を使用することができるが,こまかい制御が必要なら IP フロー計測を採用する必要があるだろう. ただし,IPFIX のような現在の IP フロー計測のしくみは省電力化を主要な目的とはしていないので,現在の標準にしばられないほうがよいだろう.

関連項目

Keywords:

コメントを投稿

Powered by
Movable Type 3.36