[ Top page ]

« IP フロー情報出力におけるパケット・ストリームの処理 | メイン | IP フロー情報のあつかいにおける機器構成 »

トラフィック計測・監視, 省エネルギー・省電力:省電力化のためのネットワーク・トラフィック計測

IP フロー情報集約のしくみ

IPFIX 媒介 [Kob 08a] [Kob 08b] や IPFIX フロー集約 [Dre 08] のインターネット・ドラフトにおいては,IP フロー情報を媒介したり集約したりする装置のゆるい仕様が規定されている. IPFIX の要求ドキュメント [Qui 04] には IPFIX によるフロー情報を媒介するしくみとして Concentrator (集約装置) や Proxy (代理装置) が定義されているが,アーキテクチャ・ドラフトに記述された要素だけではとくに集約装置を実現するには十分でないとかんがえられる. それをおぎなうのが前記のドラフトである.

IPFIX 媒介のフレームワーク・ドラフト [Kob 08a] においては,IPFIX 媒介プロセスを構成するサブプロセスとして,アーキテクチャ・ドラフト [Sad 06] にあるのと同様の計測プロセスと,このフレームワークに固有のファイルかきこみ / よみだしとがふくまれている.

計測プロセス

計測プロセスは IP フロー情報を加工するためのプロセスである. IPFIX 媒介のフレームワーク・ドラフト [Kob 08a] には,アーキテクチャ・ドラフトにおいて定義されているパケット選択のプロセス (サンプリング機能とフィルタ機能をもつプロセス) にくわえて,つぎのプロセスが定義されている.

集約プロセス (Aggregating Process)
共通の属性 (properties) をもつフロー情報のレコードをマージする.
修正プロセス (Modifying Process)
フロー情報のレコードに情報要素を追加したり削除したりする. または,既存の情報要素の値を変更する.
   .----------. .------------------------------------. .---------.
   |          | |        Intermediate Process        | |         |
   |          | |  .-------------------------------. | |         |
   |Collecting| |  |        Metering Process       | | |Exporting|
   |Process   | |  |.-------.  .-------.  .-------.| | |Process  |
   |          |---->|sub    |->|sub    |->|sub    |--->|         |
   |          | |  ||process|  |process|  |process|| | |         |
   |          | |.->|#1     |  |#2     |  |#3     || | |         |
   |          | || |'-------'  '-------'  '-------'| | |         |
   |          | || '----|----------|----------|----' | |         |
   |          | ||      |          |          |      | |         |
   |          | || .----\/---------\/---------\/---. | |         |
   |          | |'-|  IPFIX File Reader/Writer     |<--|         |
   |          |--->|                               |-->|         |
   |          | |  '-------------------------------' | |         |
   '----------' '------------------------------------' '---------'

   Figure C: Intermediate Process Component Model. (ドラフト [Kob 08a] から引用)

ファイルかきこみ / よみだし

IPFIX ファイルかきこみ / よみだし (IPFIX File Reader/Writer) は,入力されたフロー情報をファイルにかきこみ,必要に応じてその内容を検索することができるしくみである. ファイルかきこみ / よみだしはアーキテクチャ・ドラフト [Sad 06] にはない機能である.

参考文献

  • [Dre 08] Dressler, F., Sommer, C., Muenz, G., and Kobayashi, A., “IPFIX Flow Aggregation”, Internet Draft, draft-dressler-ipfix-aggregation-05, July 2008.
  • [Kob 08a] Kobayashi, A., Nishida, H., and Claise, B., “IPFIX Mediation: Framework”, Internet Draft, draft-ietf-ipfix-mediators-framework-00, June 2008.
  • [Kob 08b] Kobayashi, A.. Ed., “IPFIX Mediation: Problem Statement”, Internet Draft, draft-ietf-ipfix-mediators-problem-statement-01, September 2008.
  • [Qui 04] Quittek, J., Zseby, T.,. Claise, B., and Zander, S., “Requirements for IP Flow Information Ex-port (IPFIX)”, RFC 3917, IETF, October 2004.
  • [Sad 06] Sadasivan, G., Brownlee, N., Claise, B., and Quittek, J., “Architecture for IP Flow Information Export”, Internet Draft, draft-ietf-ipfix-architecture-12, September 2006.
Keywords:

コメントを投稿

Powered by
Movable Type 3.36