[ トップページ ]
情報通信博物館:MacBook

MacBook Air にマグネットつきコネクタをつけた

最近買った MacBook Air は電源コネクタも USB Type C になっていて,おとすとこわれるようになっている. さっそくおとしてコネクタをまげてしまったので,マグネットつきのケーブルに交換した. ケーブルがほそいので充電がおそくなるのではないかとおもうが,やむをえない.

コネクタがこわれたことは「Jobs の死後 だんだんこわれていく ?! Macintosh」にも書いた.

IMG_6519.jpeg

コネクタが曲がったものの,ケーブルの角度をえらぶと,まだ電源はつながるようにできた. 再度コネクタを曲げてもとの角度にもどすと,電源がつながらなくなるのではないかとおもえた. 本体側のコネクタは無事なようだが,ふたたびおとすとそちらもこわれるかもしれない. そのため,マグネットつきのコネクタがついたケーブルを買った. 種類はいろいろあるが,たいていのコネクタの用途は iPhone のようだ. このケーブルもそうだ. iPhone 用には十分だろうが Macintosh にはすこしほそすぎるようにおもう. MacBook Pro でもつかえるように書いてあったが,さらにきびしいだろう.

IMG_6521.jpeg IMG_6522.jpeg

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/7427

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type