[ トップページ ]
社会・経済:乗物と道路・駅, 数学・計算・情報学・プログラミング:人工知能・複雑系と人工生命

自動運転の事故原因は追求できるか?

Uber の歩行者死亡事故を受けて,Uber だけでなくトヨタも自動運転の実験を中断した. 再開するには原因をつきとめる必要があるだろうが,はたしてそれは可能だろうか? そこにもし深層学習がかかわっているとすると,原因がわからないままになり,実験が再開できないということになりかねないようにおもえる.

自動運転には,画像認識などのために深層学習 (deep learning) がつかわれている. 深層学習は従来の方法では実現できない性能を実現する. しかし,その弱点はふるまいがなににもとづいているかが説明できないことだ. 問題がおこったときにもその原因がわからない. 今回の死亡事故も,もし深層学習がかかわっているとすれば,その原因が迷宮入りする可能性があるのではないだろうか? そうなると,どうやって実験を再開するのだろうか?

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/7338

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type