[ トップページ ]
DIY (日曜大工) とものづくり・実験:3 次元印刷 (3D printing)・CAD

先週にひきつづき大井競馬場のフリマに出店

先週の日曜日につづいて,また日曜日に大井競馬場のフリマに出店した. 先週とはちがう選択をしたかったのだが,いくつかの選択肢のなかから,2000 円で 10 時からの出店という方法をえらんだ. 30 分くらいで準備できるなら,売り上げは 9 時からの出店とそれほど差がないのではないかとかんがえたからだ. それがうまくいって,きょうはなんとか黒字化をはたした.

IMG_5306.jpg 売り物は先週とほぼおなじ,クリスマス用のイルミネーションとオーナメント,そしてデザイン電球だ. イルミネーションは 1 個だけしか売れなかったが,それでも売り上げにしめるわりあいはおおきい. オーナメントは 50 個以上用意したうちの 1 個だけをやっと売り上げた (イルミネーションを買った客がオーナメントを 1 個ただでもっていったが…). 数が一番売れたのはデザイン電球だが,単価がひくいので,まだ金額としてはイルミネーションよりすくない.

きょうの収穫のひとつは一般の顧客とだいぶ話ができたことだ. 電球だけでなく器具もいっしょに買いたいという意見,これはまえにもきいたことがあるのでわかってはいたが,いまだできていない. 次回はなんとか用意したい. ソフトクリーム電球 (アイスクリーム電球) は 900 〜 1200 円で売っているが,それでは高いから買わないという客もいた. それなら次回はもっとちいさくて安いソフトクリームを用意しようとおもう. 光色の趣味もいろいろだ. 白色にちかいのがほしい客もいる. きょうは 3500 K くらいの電球はあったが,白色 (4000 K 以上) のものはソフトクリーム電球だけだった. もうすこし選択肢があるとよい. しかし,レパートリーをひろげるのは手間がかかるし展示もたいへんだ. 次回は比較的すくない配線で多数の電球がともせるようにしたい.

きょうわかった重要なことのひとつは,自動車用のバッテリーにインバータをつないで 100 V の電球やイルミネーションを多数つなぐと,青い LED がつきにくくなるということだ. これはインバータによってちがうかもしれないが,使用しているのは 300 W のインバータなので電力には余裕があるにもかかわらず,このようなことが発生する. よわい青色 LED がついたイルミネーションのためには,べつのインバータをつかう必要がありそうだ.

関連記事:

  • BESTEK の自動車用インバータで LED 電球がうまくつけられた
  • キーワード:

    トラックバック

    このエントリーのトラックバックURL:
    http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/7317

    コメントを投稿

    dasyn_usbthinlightuvb

    螺旋 3D 印刷技術を使用してつくったこのような作品を デイシン Yahoo! Japan ショップで売っています.

    Google でブログを検索:

    メインページアーカイブページも見てください.
    Creative Commons License
    このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
    Powered by
    Movable Type