[ トップページ ]
インターフェース・デザイン・アメニティ, インターフェース・デザイン・アメニティ:リモコンのインターフェース

やめてほしい!! 現在の状態がわからない押しボタン電源スイッチ

おおくの電源ボタンには押しボタンがつかわれているが,こういう電源ボタンはやめてほしい. なぜなら,押すことで電源がはいるのか,きれるのかがわかりにくいからだ.

押しボタンにはロックするものもあり,しないものもある. ロックするものはロックされた状態ではすこしひっこんでいるから,よくみれば状態がくべつされる. しかし,わかりにくいことにかわりはない.

おおくのリモコンの電源ボタンや ATX 電源の PC の電源ボタンはロックされた状態がないので,さらに,くべつがつかない. デジタル・テレビはつくまでに時間がかかるから,ボタンをおして電源がはいったのか,きれたのかが,いよいよわからない. こんなとんでもないインタフェースがつかわれているのは信じがたいことだ.

リモコンのなかには,操作対象におくる電源 on と off の信号がちがっているものもあり,それはまだましだ. なかには,信号もおなじものがあるようだ. こうなると,人間だけでなくリモコンじたいにもいま操作対象の電源がはいっているのか,きれているのか,わからないことになる. リモコンには on/off がわかるばあいには,それをリモコン上に表示することが可能だが,わからなければそれもできない.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/7275

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type