[ トップページ ]
メディア・アート・イベント・エンターテイメント:音楽 (一般)

1960 年代におこった音楽のカンブリア爆発

カンブリア紀には現在存在するすべての動物の「門」が出現したといわれている.それ以降ももちろん生物の進化はつづいているわけだが,カンブリア紀にくらべるとちいさな変化でしかない. それと並置してよいかどうかわからないが,音楽に関しては 1960 年代にほとんどのことがためされて,それ以降の変化は比較的ちいさいようにおもえる.

1960 年代のいわゆる「現代音楽」(contemporary music) では,従来は音楽とはかんがえられなかった音がとりいれられ,和声やリズムやその他さまざまな音楽や音の要素がためされた. 大衆音楽にはかぎられた影響しかあたえなかったが,せまい世界のなかではあらゆることがためされた. 音楽のカンブリア爆発といってもいいのではないだろうか.

比較的せまい範囲にしか影響はあたえなかったが,それでもジャズとのあいだでは影響をあたえあい,フリージャズをうみだしている.

最近の音楽のあたらしい傾向をみても,そのルーツが 1960 年代にあることが多いようにおもえる.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/7260

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type